宮城県全域・仙台市の家屋・木造住宅・鉄筋住宅の解体、産業廃棄物の搬出と適正処理

広瀬商店

  • HOMEHOME
  • スタッフブログ

スタッフブログ

創業69周年を迎えました!


4/1でお客様、皆様の支えのおかげをもちまして、創業69年を迎えました。
本当にありがとうございます。

国税庁の調査をよると、会社の存続率は5年で14.8%、20年で0.4%、
30年で、一気に低下して0.021%
これは 「1万社あって、2社しか残らない」 計算になります。

ここまでしか情報がありませんが、50年以上となるとそれ以上のに微々たる数字になります。

私たちも「(有)広瀬商店」あっての私たちで会社に恩があります。
またお客様にずっと応援頂いたから私たちがあります。
ですのでこれからも(有)広瀬商店を大切にしていきたいと思います。

これからも当社がお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

カーポートの解体


こんにちは、
今回はスチール製のフレームでできた車庫の解体をさせていただきました。
錆びて穴が開いていました、支柱の付け根が腐り「グラグラ」しているところもありました。

IMG_6659[1]

重機解体ではなく、手壊し解体です。
解体しているところから、屋根部材、ごみなどのが落ち、砕石敷きの地面が汚れるので地面は養生しています。
IMG_6660[1]

きれいさっぱりになりました。
車2台入ります。
IMG_6663[1]

倉庫で使われた棚の解体


今回は先日片づけた倉庫のお客様から
追加で倉庫で使われていたスチール製の棚の解体・処理をしました。

3t車で4台くらいになりましたね、、、
棚の下には20年分?位の埃とゴミが溜まっていましたので掻き出して処理しました。

BEFORE
IMG_6485

AFTER
IMG_6484

床から出ていたアンカーボルトも撤去。すっきりです。

では、次の仕事に取り掛かります。

宮城野区にて土留め解体工事


皆様、こんにちは。

今回は宮城野区にて土留め解体工事になります。
震災後、仙台市で施工された土留めの一部解体工事と駐車場施工にあたり乗用車2台分の残土撤去になります。

IMG_6424

まず土のう袋が積まれてましたので土のう袋から開ける作業。そのままでは捨てません(笑)分別徹底です。
IMG_6420

ひたすら土を出します(笑

IMG_6436

コンクリートの壁を重機ではつる予定でしたが間地ブロックを痛める可能性が出てきたので人力ではつり作業。はつりは振動が体にくるし、大変な作業です。
破片が飛ばないように養生もします。

IMG_6410
はつり完了。
IMG_6400

BEFORE
IMG_6424

AFTER

IMG_6405
また向かって左側は次の作業のためにスロープにしてほしい、と言われましたのでそうしております。
今回も近所からクレームが来ることなく無事に作業を終えることができました。

では、また次の仕事に行ってきます!

引っ越しに伴う、事務所の不用品処理 2


前回からの続きです。

作業前
IMG_6103

作業後
IMG_6091

作業前
IMG_6104
作業後
IMG_6090
作業前
IMG_6105
作業後
IMG_6087
作業前
IMG_6106
作業後
IMG_6086

引っ越しに伴う、事務所の不用品処理


お得意様よりご依頼をいただきました仕事です。
新社屋に引っ越しされるということで不要になった物を処理してほしいとのご依頼です。
1F、2Fからの搬出作業でした。

BEFORE
IMG_6094

AFTER
IMG_6088

BEFORE
IMG_6095

AFTER
IMG_6089

BEFORE
IMG_6096

AFTER
IMG_6093

BEFORE
IMG_6102

AFTER
IMG_6092

発電機(エンジン)搬出・処理


こんにちは、
久しぶりに発電機の処理作業が入りました。
ある公共施設にて30年近く使用された発電機の処理作業をさせていただきました。
あまりこういう仕事は見かけないと思います。
20年ほど前、別工事の入れ替え時、地下から出す作業を見ましたが、
その時、自分はまだ駆け出しの頃で
「大きいエンジンだな!」
って驚いた記憶があります。

IMG_6085

↑1機 5tあります(笑
だから吊り上げるワイヤーもかなり太いです。

IMG_6082

↑1機目

IMG_6084

↑2機積みました。
当社ではこういった公共作業のご依頼もあります。

利府現場、解体完了しました。


無事に家屋及び高さ2.6mの土留め解体が完了しました。
残土が置きっぱなしになっておりますが、今回はすぐに外構屋さんが入るということで
「そのままのほうが助かる」
ということでしたので山盛りです(笑
雨で土が崩れないように特に危険なところはブルーシートで養生しました。
仕上げがそのままですのであまり見た目が良くありませんが、
普段は埋め戻しして法面仕上げもしております。

IMG_5561

IMG_5558

利府現場、土留め解体。


高さ2.6m。ここまで高い土留めを解体することはあまりありません。

image4 (1)

image6

内側を掘ってみたところフーチング(底盤)が見えます。高さ2.6mもあるのに、驚いたことに底盤が幅700mmくらいしか入っていません、、、これでは土の圧に耐え切れないわけです、、
設計ミスというか、手抜き工事です、、、

image9

掘って出た残土です。1.5倍ほど膨らむのですごい量です。

image3 (1)

大体、半分解体しました。

image1 (1)

道路側は道路と共に崩れる危険があるため、外構屋さんと連携し、法面から深さ500mmをはつり工事で撤去しました。

利府現場の解体工事


今回は家屋の解体及び、2.6mある土留め解体工事になります。
image5

image8
なかなか高い土留めです。すでに土に押され中央のあたりから膨らんでいます。
このままでは亀裂も入っておりいずれ倒壊の危険があるため解体します。

image4

image2

今までのお世話になった住居に御礼とお清めを開始。

image1

養生し、内装の解体。

image3

道具も整理整頓。
解体開始です。

営業エリア 産業廃棄物処理

宮城県全域
仙台市市内
(青葉区、泉区、宮城野区、若林区、太白区)

住宅解体

仙台市市内
(青葉区、泉区、宮城野区、若林区、太白区)
宮城県全域

pagetop